ようこそいらっしゃいました。
こちらは五世中村時蔵さんを
応援させていただくサイトです。
不備な点も多いですが、
時蔵さんのファンの方とご一緒に
楽しい時間を過ごせれば幸いです。
      

時蔵さんプロフィール
中村時蔵さんプロフィール・出演歴


リンクページ

今後の出演情報
今後の舞台・放送予定


掲示板、管理人日誌
ごあいさつ
ごあいさつ
2006.10 リニューアルオープン


  御園座 吉例顔見世
10月1日(月)〜25日(木)
昼の部「二人椀久」 椀屋久兵衛
                     梅枝丈  松山太夫
                         「野晒悟助」 梅枝丈  小田井(おだい)
                               夜の部「女暫」   梅枝丈  女鯰若菜実は樋口妹若菜
                          萬太郎丈 手塚太郎光盛
                                    「連獅子」  萬太郎丈 狂言師左近後に仔獅子の精
   「世話情浮名横櫛」 お富

歌舞伎座百三十年 吉例顔見世大歌舞伎
11月2日(金)〜26日(月)
昼の部 「お江戸みやげ」 お辻
        梅枝丈 阪東栄紫
    「花街模様薊色縫〜十六夜清心」 十六夜
        梅枝丈 恋塚求女

博多座 十一月花形歌舞伎
11月3日(土・祝)〜27日(火)
「あらしのよるに」 萬太郎丈 たぶ

南座発祥四百年 南座新開場記念
白井松次郎
大谷竹次郎 追善
當る亥歳 吉例顔見世興行
京の年中行事 東西合同大歌舞伎
12月1日(土)〜26日(水)
昼の部 「ぢいさんばあさん」 伊織妻るん
夜の部 「義経千本桜〜木の実/小金吾討死/すし屋」
               弥助実は三位中将維盛

歌舞伎座百三十年 十二月大歌舞伎
12月2日(日)〜26日(水)
昼の部 「幸助餅」萬太郎丈 三ツ扇屋帳場平兵衛
    「於染久松色読販〜新版お染の七役」 梅枝丈 女猿廻しお作
夜の部
  Aプロ(2・3・6・7・10・11・13・14・17・18・20・21・24・26日)
「二人藤娘」 梅枝丈 藤の精
Bプロ(4・5・8・9・12・15・16・19・22・23・25日)
「壇浦兜軍記〜阿古屋」 梅枝丈 阿古屋

「浮世風俗やまと錦絵」より 第十九圖 鳥居清信畫 「椀久と松山」

「其面影二人椀久」
たどり行く 今は心も乱れ候 末の松山思ひの種よ
あのや椀久は、これさこれさうちこんだ、とかく恋路の濡れ衣
干さぬ涙のしつほりと 身にしみじみと可愛さの、それが高じた物狂い
とても濡れたる闇なりやこそ
親の意見もわざくれて、とかく耳には入相の、鐘に合図の廓(さと)へ
行こやれ行こやれさつさゆこやれ 昨日は今日の昔なり・・・

身の果て何と浅ましやと暫しまどろむ手枕は、この頃見する現(うつつ)なり
行く水に 映れば変わる飛鳥川 流れの里に昨日まで
「はて もったいつけたへ」誓文ほんに全盛も我は廓を放し鳥
籠は恨めし 心ぐどぐどあくせくと 恋しき人を松山は、
ヤレ末かけて かいどりしやんと、しやんとも、しをらしく、
君が定紋伊達羽織、男なりけり又女子なり
片袖主と眺めやる 思いざしなら武蔵野でなりと 何ぢや織部の薄杯を、
よいさしようがへ 恋に弱みを見せまじと、ひんとすねては背を向けて
くねれる花と出て見れば 女心の強からで 跡より恋のせめ来れば、
小袖にひたと抱き付き、「申し椀久さん」・・・

「もうこれからが、口説のだん」仔細らしげに座を打つて、
袖尺着尺衣紋坂 ういかうむりの投げ頭巾、語るも昔男山
筒井筒、井筒に掛けし麿がたけ、老いにけらしな、妹見ざる間にと、
詠みて送りける程に、その時女も
比べこし、振り分け髪も肩過ぎぬ、君ならずして、誰かあぐべきと、
互いに詠みしゆえなれば・・・

「あらなんぞいな」 手持無沙汰に拍子揃えて業(わざ)くれ
按摩けん引きけん引き、さりとは引け 引けひねろ
自体それがしは東の生まれ お江戸町中見物様の 馴染情けの御贔屓強く、
按摩けんびき 朝の六つから日の暮れるまで・・・。

詞章
 管理人日誌に「二人椀久」詞章掲載(詞章その1に演目説明文あり)

 
   

※現在、サーバー不具合のため掲示板停止中 

 

当サイトは私設ファンサイトです。
中村時蔵さんや後援会は
一切関与していらっしゃいません。
お問い合わせ、ご意見はすべてこちらにお願いします。

inserted by FC2 system