ようこそいらっしゃいました。
こちらは五世中村時蔵さんを
応援させていただくサイトです。
不備な点も多いですが、
時蔵さんのファンの方とご一緒に
楽しい時間を過ごせれば幸いです。
      

時蔵さんプロフィール
中村時蔵さんプロフィール・出演歴


リンクページ

今後の出演情報
今後の舞台・放送予定


掲示板、管理人日誌
ごあいさつ
ごあいさつ
2006.10 リニューアルオープン

三月大歌舞伎 歌舞伎座
「義経千本桜〜渡海屋〜大物浦」女房お柳実は典侍の局
(十世坂東三津五郎三回忌追善狂言)
「神楽諷雲井曲毬 どんつく」芸者
梅枝丈 「助六由縁江戸桜」三浦屋白玉
 萬太郎丈「明君行状記」弟大五郎)

四月大歌舞伎 歌舞伎
(梅枝丈 「伊勢音頭恋寝刃」 油屋お紺)

團菊祭五月大歌舞伎
「魚屋宗五郎」女房おはま
「寿曽我対面」曽我十郎
梅枝丈 「魚屋宗五郎」 召使おなぎ
     「寿曽我対面」 化粧坂少将 )
萬太郎丈 明治座 五月花形歌舞伎
     「月形半平太」 坂本龍馬
     「南総里見八犬伝」犬飼現八)

六月 名古屋平成中村座
(「寿曽我対面」梅枝丈  曽我十郎
        萬太郎丈 曽我五郎
 「義経千本桜〜川連法眼館」
        梅枝丈  静御前
        萬太郎丈 亀井六郎
 「弁天娘女男白浪」
        梅枝丈  赤星十三郎
        萬太郎丈 忠信利平 )
 

「大物浦」 「小倉擬百人一首 文屋康秀」一勇齋国芳
「吹くからに 秋の草木を し折るれば
  むべ山かぜを あらしといふらん」?????? 安徳天皇 典侍の局

「義経千本桜 二段目」


・・・局は嘆きの中よりも君を膝に
抱き上げ。御顔つくづくと打守り。
「二歳(ふたとせ)余りはこの見苦しき
 あばら屋を。玉のうてなと思召しての
 御住まい。朝夕の供御(ぐご)までも。
 下々と同じ様にさもしい物。それさへ
 君の心では。殿上にての栄華とも
 思うてお暮しなされしに。知盛お果て
 なされては賤(しづ)が伏屋に御身
 一つ。置き奉る事さへもならぬやうに
 成果てて。終にはこの浦の土と成り。
 給ふかや。上もなき御身の上に悲しい
 事の数々が。続けば続くものかいの」
とくどき立てくどき立て身も浮く。
ばかり嘆きしが。
「アアよしなき悔みごと御覚悟急がん」
と。涙ながら御手を取り。泣く泣く
浜辺に出でけれど。
「いと尋常なる御姿この海に沈めんか」
と。思へば目もくれ心もくれ。身も
わなわなとぞふるいける。
 君はさかしくましませど。死する事
とは露知り給はず
「コレなう乳母。覚悟覚悟というて。
 いづくへ連れて行くのぢやや。」
「ヲヲさう思召すはことわり。コレ
 ようお聞き遊ばせや・・・」

※現在、サーバー不具合のため掲示板停止中 

 

当サイトは私設ファンサイトです。
中村時蔵さんや後援会は
一切関与していらっしゃいません。
お問い合わせ、ご意見はすべてこちらにお願いします。

inserted by FC2 system